• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

【CEATEC 2012】ソニー、「NFC電子版お薬手帳」を展示

2012/10/05 00:01
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
スマートフォンにお薬のデータを転送している様子
スマートフォンにお薬のデータを転送している様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
転送されたお薬データの例
転送されたお薬データの例
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーは、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」のデジタルヘルスケアプラザにおいて、「NFC電子版お薬手帳」を展示した。レセプト・コンピュータ(レセコン)から抽出したお薬のデータを、患者が所有するNFC対応(Android)スマートフォンに簡単に転送できるシステムである。同年10月から、石川県能登北部地方の二つの薬局で、同システムを利用した実証実験を開始する予定である。

 今回のシステムは、2012年9月26日に公開されたばかりの、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)よる「電子版お薬手帳データフォーマット仕様書Ver.1.0」に対応した。現状のレセコンはベンダーによって仕様が大きく異なるが、電子版のお薬手帳の普及に向けて、アウトプットするデータのフォーマットを共通化するためのものである。

 ソニーが石川県で実証するシステムでは、三菱電機のレセコンを利用する。このレセコンに外付けしたNFC対応の通信機に、患者がNFC対応のスマートフォンをかざすと、処方されたお薬のデータが転送される。スマートフォン側のアプリケーションは、ソニーが作成した。

 石川県での実証実験に続き、2013年1月には大阪府でも実証予定であるという。ソニーの説明員は、「個人の生体データをスマートフォンなどに蓄積させようとするサービスの開発は数多く進んでいるが、そこに電子版のお薬手帳でたまっていくデータを融合させれば、薬と生体データの関係などの知見を得られる可能性がある。新たなヘルスケア・サービス開発の突破口になる可能性もある」と説明する。

【新刊】日経デジタルヘルス別冊

『医療ビッグデータ2016』
CD-ROMも同時発売


医療ビッグデータの“入口”から“出口”まで、という視点でこの1年の動きを1冊に。日経デジタルヘルスによる取材情報を中心に「全体動向」「実臨床・サービス」「データヘルス」「ウエアラブル」「データ解析」「プライバシー」の章に分類。2015年3月に開催した「医療ビッグデータ・サミット2015」の様子も最終章に掲載。詳細はこちら

2015年12月9日発行
A4変型判 196ページ
編集:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング

新着記事