お薦めトピック

【CEATEC 2012】ソニー、「NFC電子版お薬手帳」を展示

2012/10/05 00:01
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
スマートフォンにお薬のデータを転送している様子
スマートフォンにお薬のデータを転送している様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
転送されたお薬データの例
転送されたお薬データの例
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーは、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」のデジタルヘルスケアプラザにおいて、「NFC電子版お薬手帳」を展示した。レセプト・コンピュータ(レセコン)から抽出したお薬のデータを、患者が所有するNFC対応(Android)スマートフォンに簡単に転送できるシステムである。同年10月から、石川県能登北部地方の二つの薬局で、同システムを利用した実証実験を開始する予定である。

 今回のシステムは、2012年9月26日に公開されたばかりの、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)よる「電子版お薬手帳データフォーマット仕様書Ver.1.0」に対応した。現状のレセコンはベンダーによって仕様が大きく異なるが、電子版のお薬手帳の普及に向けて、アウトプットするデータのフォーマットを共通化するためのものである。

 ソニーが石川県で実証するシステムでは、三菱電機のレセコンを利用する。このレセコンに外付けしたNFC対応の通信機に、患者がNFC対応のスマートフォンをかざすと、処方されたお薬のデータが転送される。スマートフォン側のアプリケーションは、ソニーが作成した。

 石川県での実証実験に続き、2013年1月には大阪府でも実証予定であるという。ソニーの説明員は、「個人の生体データをスマートフォンなどに蓄積させようとするサービスの開発は数多く進んでいるが、そこに電子版のお薬手帳でたまっていくデータを融合させれば、薬と生体データの関係などの知見を得られる可能性がある。新たなヘルスケア・サービス開発の突破口になる可能性もある」と説明する。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング