• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【CEATEC 2012】ホシデンがデジタル・スピーカーを展示

【CEATEC 2012】ホシデンがデジタル・スピーカーを展示

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/04 21:46
  • 1/1ページ
デジタル・スピーカーの説明パネル
デジタル・スピーカーの説明パネル
[画像のクリックで拡大表示]
下がヘッドフォン型、上が据置きスピーカー型
下がヘッドフォン型、上が据置きスピーカー型
[画像のクリックで拡大表示]

 ホシデンは「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2~6日、幕張メッセ)においてデジタル信号を使って駆動するデジタル・スピーカーを参考展示している。展示したシステムは、ヘッドフォン型と据え置きスピーカー型の2種類。Trigence Semiconductorが開発したデジタル・スピーカー向けLSIを採用した。

 ヘッドフォン型は三つのボイスコイルを使ったスピーカーを搭載したもの。三つのボイスコイルに入力するデジタル信号を適切に制御することで、音形を作る。デジタル・スピーカー用のLSIに対してはUSBで音楽信号と電力を供給する形態を採る。

 据え置き型のスピーカーは、右用、左用それぞれに三つのスピーカーを備えた製品。いずれのスピーカーもボイスコイルは一つしか持たない。それぞれのスピーカーに与えるデジタル信号を制御することで、空間的に波を合成し、音を発生させている。

 なお、今回のCEATECではTrigence SemiconductorのLSIを使ったシステムをクラリオンも展示していた(Tech-On!関連記事)。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓