家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CEATEC 2012】視線で操作できるパソコン、富士通が参考出展

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2012/10/04 17:17
印刷用ページ
図1 視線で地図やパノラマ画像をスクロールするソフトウエアの動作を実演
図1 視線で地図やパノラマ画像をスクロールするソフトウエアの動作を実演
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 ディスプレイの下部に赤外線LED(発光部)とCMOSカメラ(受光部)を実装した
図2 ディスプレイの下部に赤外線LED(発光部)とCMOSカメラ(受光部)を実装した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 「視線テクノロジー」の概要
図3 「視線テクノロジー」の概要
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 富士通と富士通研究所は、ユーザーの視線を認識してパソコンの操作をアシストする技術「視線テクノロジー」を開発し、この技術を搭載したパソコンを「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2~6日)に参考出展した。

 視線検出は、赤外線LEDとCMOSカメラ、画像解析ソフトウエアの組み合わせによって行う。赤外線LEDで近赤外線を照射し、近赤外線の反射をCMOSカメラで撮影する。その画像からソフトウエアによって目の位置と角膜反射を解析し、視線の角度を計算する。今回出展したパソコンでは、ディスプレイの下部に近赤外線LEDとCMOSカメラを配置している。CMOSカメラには「一般的なWebカメラと同等のカメラ・モジュールを用いた。カメラ・モジュールの前に配置する近赤外線フィルタの工夫によって実現した」(説明員)という。視線の高精度な検出を可能にしながら、小型かつ安価に実装できるようにした。

 今回の展示では、検出した視線の情報を基に地図やパノラマ画像をスクロールできるアプリケーション・ソフトウエアを動作させた。例えば視線を画面の端の方に動かすと、その先が表示されるようにスクロールするものである。地図表示ソフトウエアでは「毎秒5フレーム程度」(説明員)のサイクルで視線の角度計算と再描画を実行していた。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング