• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【CEATEC 2012】太陽誘電、1608サイズで100μF品を2013年に実用化へ

【CEATEC 2012】太陽誘電、1608サイズで100μF品を2013年に実用化へ

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2012/10/03 19:56
  • 1/1ページ
 太陽誘電は、1608サイズ(1.6mm×0.8mm×0.8mm)で静電容量が100μFと大きい積層セラミック・コンデンサを開発し、その断面図などを示すパネルを「CEATEC Japan 2012」で展示した。定格電圧は+4Vで、焼成後のシート(誘電体層)厚は0.45μm、積層数は約800層である。すでに試作は終えており、「製造プロセスは確立できた。量産化のメドも立った」(説明員)という。製品化時期は明言していないが、早ければ2013年中に始まりそうだ。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ