• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CEATEC 2012】ロームの有機ELのような面発光LED照明、硫化による演色低下を防止

【CEATEC 2012】ロームの有機ELのような面発光LED照明、硫化による演色低下を防止

  • 吉田 勝=日経ものづくり
  • 2012/10/03 18:17
  • 1/1ページ
ロームが出品した平面型LED照明
ロームが出品した平面型LED照明
[画像のクリックで拡大表示]
リードフレームの硫化を防ぐため白色樹脂層を設けている。
リードフレームの硫化を防ぐため白色樹脂層を設けている。
[画像のクリックで拡大表示]

 ロームは、高演色のLEDパッケージを使った平面型のLED照明パネルを、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」に出品した。平面上に並べたLEDパッケージを光拡散板で覆ったもので、有機EL照明のように面全体から光を照射する。同社の蛍光体技術により平均演色評価数(Ra)98という高演色を実現するととともに、演色性の劣化を招くリードフレームの硫化を防いでいるのが特徴だ。

 一般にLEDパッケージは、LEDチップが載っているリードフレームの銀めっきが、封止材から侵入した空気中の硫化水素と反応(硫化)して黒ずんでしまい、徐々に演色性が低下する。同社が開発したLEDパッケージは、封止材とリードフレームとの間に光を反射する白色樹脂層を設けることで、硫化を防いで演色性の低下を抑えている。耐熱性も高めており、110℃で5万時間の寿命(光束が70%に低下するまでの時間)がある。特殊なLEDを採用しており、発光効率などは明かさなかったが「コスト、発光効率ともに有機EL照明よりも優れている」(同社)。実用化の時期は未定だが、技術的にはほぼ完成しており、今後同社の子会社であるアグレッド(本社兵庫県伊丹市)と製品化に向けて検討を進めたいとしている。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓