家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CEATEC 2012】ロームの有機ELのような面発光LED照明、硫化による演色低下を防止

吉田 勝=日経ものづくり
2012/10/03 18:17
印刷用ページ
ロームが出品した平面型LED照明
ロームが出品した平面型LED照明
[クリックすると拡大した画像が開きます]
リードフレームの硫化を防ぐため白色樹脂層を設けている。
リードフレームの硫化を防ぐため白色樹脂層を設けている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ロームは、高演色のLEDパッケージを使った平面型のLED照明パネルを、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」に出品した。平面上に並べたLEDパッケージを光拡散板で覆ったもので、有機EL照明のように面全体から光を照射する。同社の蛍光体技術により平均演色評価数(Ra)98という高演色を実現するととともに、演色性の劣化を招くリードフレームの硫化を防いでいるのが特徴だ。

 一般にLEDパッケージは、LEDチップが載っているリードフレームの銀めっきが、封止材から侵入した空気中の硫化水素と反応(硫化)して黒ずんでしまい、徐々に演色性が低下する。同社が開発したLEDパッケージは、封止材とリードフレームとの間に光を反射する白色樹脂層を設けることで、硫化を防いで演色性の低下を抑えている。耐熱性も高めており、110℃で5万時間の寿命(光束が70%に低下するまでの時間)がある。特殊なLEDを採用しており、発光効率などは明かさなかったが「コスト、発光効率ともに有機EL照明よりも優れている」(同社)。実用化の時期は未定だが、技術的にはほぼ完成しており、今後同社の子会社であるアグレッド(本社兵庫県伊丹市)と製品化に向けて検討を進めたいとしている。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング