電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

【CEATEC 2012】村田がLTE対応のフルモジュールを試作、実装面積を4割削減

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/10/03 16:04
印刷用ページ
試作したRFフルモジュール
試作したRFフルモジュール
[クリックすると拡大した画像が開きます]
パネルに内容を示した
パネルに内容を示した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
会場ブースで、測定器を用いた波形の観測例を示した
会場ブースで、測定器を用いた波形の観測例を示した
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 村田製作所は、LTE対応のスマートフォンに向けた、小型のRF送受信モジュールを開発、「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2~6日、幕張メッセで開催)において参考出展した。同社の部品内蔵技術を使い、セラミックではなく樹脂基板を使ってモジュールを実現した。LTEの送受信に必要なRFトランシーバICやパワー・アンプ、フロント・エンド・モジュールなどを集積しており、RF回路部分としては「フルモジュール」という位置づけである。製品化時期は未定だが、「技術的に十分可能であることを示す目的で試作した」(村田製作所)という。

 開発したRFモジュールは、RFトランシーバICには富士通セミコンダクターのLTE対応品「MB86L10E」を用いた。LTEおよびW-CDMAで利用するバンド1/5/21と、GSMで利用する850M/900M/1800M/1900MHzに対応するべく、それぞれのバンドに対応したパワー・アンプ・モジュールを組み込んでいる。こうした各種部品を組み込みながら、外形寸法は14.5mm×10.3mm×3.0mmに収めた。部品内蔵技術を用いない場合の実装面積に比較して、40%程度削減できているという。厚みはまだ3mmと大きいが、「ほかの実装技術と組み合わせれば、さらに薄型化することも可能である」(村田製作所)としている。

 村田製作所の会場ブースで、実際の動作を実演し、波形などを示した。例えばLTEモードの場合、送信出力が23dBmのときに、ACLRが平均-37dBという。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング