電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

【CEATEC 2012】NDKの通信設備向けOCXO、ツイン水晶とSCカットでLTE向けに0.1ppbの超高精度を実現へ

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2012/10/03 12:21
印刷用ページ
 日本電波工業(NDK)は、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」で、水晶振動子を2個用いて小型で高精度を実現する恒温槽付水晶発振器(OCXO)「NH14M09WA」と、SCカット水晶を用いて±0.5ppb(parts per billion)の高精度を実現したOCXOを展示した。さらに、ツイン水晶とSCカットの二つの技術を組み合わせることで、小型でありながら±0.05ppbの超高精度を実現するOCXOも開発中であることを明らかにした。このOCXOを搭載するシステムとしては0.1ppbの精度を実現する。これは、LTEの基地局で何らかのトラブルでGPS信号と同期できなくなった場合、保守要員が駆け付けるまでの間、ラージセル基地局なら24時間、スモールセル基地局なら8時間、LTEの規格で求められる同期精度を維持しつつ通信を持続できる精度である。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング