• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CEATEC 2012】クラリオンが“フルデジタル”のAVシステムを展示

【CEATEC 2012】クラリオンが“フルデジタル”のAVシステムを展示

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/03 09:06
  • 1/1ページ
スピーカーに入力信号もデジタルに
スピーカーに入力信号もデジタルに
[クリックすると拡大した画像が開きます]
システム構成
システム構成
[クリックすると拡大した画像が開きます]
六つのボイス・コイルでスピーカーを制御
六つのボイス・コイルでスピーカーを制御
[クリックすると拡大した画像が開きます]
低出力でも高効率
低出力でも高効率
[クリックすると拡大した画像が開きます]
音の追随性も高い
音の追随性も高い
[クリックすると拡大した画像が開きます]
車載用のAVカーナビ/スピーカー・システム「Z8/Z17F」
車載用のAVカーナビ/スピーカー・システム「Z8/Z17F」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ポータブル・スピーカー「ZP1」
ポータブル・スピーカー「ZP1」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
シーリング・ライトの電源アダプタに接続するスピーカー
シーリング・ライトの電源アダプタに接続するスピーカー
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 クラリオンは「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2~6日、千葉市、幕張メッセ)で“フルデジタル”のスピーカー・システム「01DRIVE」を展示している。同社が言うフルデジタルとはスピーカーを駆動する入力信号に至るまでデジタルであるというもの。従来のデジタル・アンプの場合、信号線に乗って送られてきたデジタル信号をスピーカーの前でアナログ信号に変換する必要があった。

 フルデジタルを実現するために六つのボイス・コイルを持つスピーカーを開発した。このボイス・コイルにはオンまたはオフの2値の信号が送られる。六つのボイス・コイルへの入力信号を工夫することで波を作る。フルデジタル・スピーカー・システムにはTrigence Semiconductorの信号処理技術を採用した(関連記事)。

 フルデジタルは省電力化にも寄与する。デジタル-アナログ変換が不要な他、六つの信号線に流すのは3V未満の電圧であるため、アナログと比較して総電力量が減る。「アナログのシステムと比較して電力量は8分の1、電圧は2分の1以下で駆動する」(クラリオン)という。

 展示したシステムは、車載用のAVカーナビ/スピーカー・システム「Z8/Z17F」、ポータブル・スピーカー「ZP1」、およびシーリング・ライトの電源アダプタに接続するスピーカーの三つ。前から二つは2012年12月上旬に発売する。最後の製品は参考展示である。

 Z8/Z17Fでは、従来のアナログ・スピーカー用のハーネスを利用できるように工夫した。具体的には1対の信号線に電力とデジタル信号を重畳させ、スピーカーの手前のLSIで六つの信号に分けるシステムを採用した。「電力線に信号を載せる、いわばPLC(電力通信)のシステムで、LVDS(Low voltage differential signaling)を応用した」(クラリオン)という。

 ポータブル・スピーカーは192mm×115mm×39mm、550gと小型の製品。Bluetoothを使ってスマートフォンと接続して、音楽を再生する。2500mAhの2次電池を持ち、背面に太陽電池パネルを持つ。フル充電状態で30時間の駆動が可能。3時間の日照を受けると1時間程度駆動するという。シーリング・ライトの電源アダプタに付ける参考展示品も、スマートフォンなどからBluetoothで音楽を送ることを想定している。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ