• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【CEATEC 2012】LSIを探して歩く2012年版、ちょっとだけプラスα

【CEATEC 2012】LSIを探して歩く2012年版、ちょっとだけプラスα

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/10/02 21:07
  • 1/5ページ

 IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC 2012」が10月2日から幕張メッセで始まった(会期は10月6日まで)。筆者はほぼ毎年、CEATECの会場に展示されたLSI/ICを紹介してきた(Tech-On!関連記事1)。今年もLSIを探して歩いたが、果たしてその結果は・・・・。

写真1●ホール8の電子部品ゾーンを望む
Tech-On!が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 CEATECは2000年に始まって以来、おおむね、民生用電子機器と、それに使われる電子部品の展示会として推移してきた。その意味では、LSIや半導体は元々メジャーな存在とは言えない。それでも半導体ゾーンなるものが展示会場にずっとあった。昨年のCEATEC 2011では、半導体専用ではなくなったが、「半導体・表示デバイスゾーン」という形で半導体という言葉が残った。

 今年は、トップ・レベルにステージという階層があり、半導体や電子部品は、「キーテクノロジステージ」で主に展示される(写真1)。キーテクノロジステージは三つに分かれている(直下の層が三つのゾーンからなる)。最も大きな面積を占めるのが「電子部品ゾーン」、その次が「電池・原材料・装置ゾーン」、最後が「半導体・デバイスゾーン」である。電子部品とデバイスの区別は、いまいち不明だったが、ゾーンには半導体という言葉が今年も残った。さらに、トップ・レベルにある「Electronics Suite」(10月5日まで)という中にもLSIに関連したブースがある。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓