EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

【CEATEC 2012】LSIを探して歩く2012年版、ちょっとだけプラスα

小島 郁太郎=Tech-On!
2012/10/02 21:07
印刷用ページ

 IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC 2012」が10月2日から幕張メッセで始まった(会期は10月6日まで)。筆者はほぼ毎年、CEATECの会場に展示されたLSI/ICを紹介してきた(Tech-On!関連記事1)。今年もLSIを探して歩いたが、果たしてその結果は・・・・。

写真1●ホール8の電子部品ゾーンを望む
Tech-On!が撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 CEATECは2000年に始まって以来、おおむね、民生用電子機器と、それに使われる電子部品の展示会として推移してきた。その意味では、LSIや半導体は元々メジャーな存在とは言えない。それでも半導体ゾーンなるものが展示会場にずっとあった。昨年のCEATEC 2011では、半導体専用ではなくなったが、「半導体・表示デバイスゾーン」という形で半導体という言葉が残った。

 今年は、トップ・レベルにステージという階層があり、半導体や電子部品は、「キーテクノロジステージ」で主に展示される(写真1)。キーテクノロジステージは三つに分かれている(直下の層が三つのゾーンからなる)。最も大きな面積を占めるのが「電子部品ゾーン」、その次が「電池・原材料・装置ゾーン」、最後が「半導体・デバイスゾーン」である。電子部品とデバイスの区別は、いまいち不明だったが、ゾーンには半導体という言葉が今年も残った。さらに、トップ・レベルにある「Electronics Suite」(10月5日まで)という中にもLSIに関連したブースがある。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング