• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CEATEC 2012】東芝、3形態に変形するWindows 8搭載Ultrabookを参考出展

大森 敏行=日経エレクトロニクス
2012/10/02 12:30
1/1ページ
ノート・パソコン形態
ノート・パソコン形態
[クリックすると拡大した画像が開きます]
フラット形状
フラット形状
[クリックすると拡大した画像が開きます]
タブレット端末形態
タブレット端末形態
[クリックすると拡大した画像が開きます]
オプションでスタイラス・ペンのペン先。透明な円盤が付いている
オプションでスタイラス・ペンのペン先。透明な円盤が付いている
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東芝は、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」で、Windows 8を搭載した新しいUltrabookを参考出展した。ノート・パソコン、フラット形状、タブレット端末の三つの形態に変形するのが特徴。ディスプレイは12.5型である。画面のタッチ・パネルに加え、キーボードの下に備えるタッチ・パッドも利用できる。

 同様の製品としては、ソニーがノート・パソコン形態とタブレット端末形態に変形する「VAIO Duo 11」を既に発表している。VAIO Duo 11は、ノート・パソコン形態で画面の角度を変えることはできない。一方、東芝のUltrabookは、180度開いた状態(フラット形状)から画面を起こして角度の調整が可能。ただし、通常のノート・パソコンのように完全に閉じることはできない。携帯時はタブレット端末形態にする必要がある。フラット形状では、画面表示を180度反転することで、向かい側に座った人が画面を見やすくなるとする。

 「第3世代Coreプロセサ・ファミリ」を搭載。ストレージはSSDである。バックライト付きキーボード、前面カメラ、HDMI出力端子、2基のUSB 3.0端子などを備える。付属するACアダプタは、重さが175gの小型軽量タイプ。

 オプションでスタイラス・ペンも用意する。ペン先は細く、先端には透明な円盤が付いている。これにより、細いペン先でも指している位置が分かりやすいという。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング