• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【CEATEC 2012】出力密度が145kW/Lと大きいSiCパワー・モジュールをロームが試作

【CEATEC 2012】出力密度が145kW/Lと大きいSiCパワー・モジュールをロームが試作

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/02 12:00
  • 1/1ページ
 ロームは、出力密度が145kW/Lと大きい、SiC製パワー素子搭載のモジュールを試作した。この出力密度は、ゲート・ドライバ回路や冷却フィン、そして平滑用コンデンサを含めた値で、「業界最高」(同社)である。60kW級の3相交流モータを駆動可能で、耐圧600Vで、出力電流は600A。電圧350V、電流575Aで、20kHzのスイッチング動作を確認済みだという。試作品は、車載用途を意識し、200℃での高温でも動作する。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓