• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CEATEC 2012】スマホを握って操作、NTTドコモが「Grip UI」を参考出展

【CEATEC 2012】スマホを握って操作、NTTドコモが「Grip UI」を参考出展

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/02 11:02
  • 1/1ページ
スマートフォンを握ってロックを解除したところ
スマートフォンを握ってロックを解除したところ
[画像のクリックで拡大表示]
実演で可能だった操作の一覧
実演で可能だった操作の一覧
[画像のクリックで拡大表示]
実際に検知した圧力を表示するデモ・プログラム
実際に検知した圧力を表示するデモ・プログラム
[画像のクリックで拡大表示]
四隅を持ってカメラを起動したところ
四隅を持ってカメラを起動したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは、2012年10月2~6日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2012」で、スマートフォンの新しいユーザー・インタフェース(UI)である「Grip UI」を参考出展した。ユーザーがスマートフォンを握る力と場所を検知することで、さまざまな操作を実現できる。電車でつり革につかまっているときや荷物が多いときなど、タッチ・パネルの操作が難しい状況で有用だとする。

 実演には、側面と背面に合計272素子の圧力センサを組み込んだスマートフォンを使用した。側面の前面寄りと背面寄り、背面の上部にセンサを配置している。ただし、今回の実演には背面のセンサは使用していないという。

 スマートフォンがスリープ状態のときに全体を握ることで、復帰およびロックの解除を行うことができた。上部を握ることでWebブラウザーを起動し、下部を握り直して画面上を指でスワイプすることで、新規検索やブックマークの表示ができる。カメラを構えるように四隅を持つことで、カメラが起動する。

トップページへ

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓