お薦めトピック

「世界初」の上下配置式の小型陽子線治療施設が登場

2012/10/01 23:45
井上 俊明=デジタルヘルスOnline
 社会医療法人慈泉会相澤病院(長野県松本市)は、9月27日、陽子線がん治療施設の完成を受けてプレス向けの発表会を開催した。照射装置とサイクロトロンを世界で初めて垂直方向に設置し、省スペースや事業費の節約を図ったのが特徴だという。2013年秋に診療を始める予定だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング