• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > GLOBALFOUNDRIES、完全空乏型SOIを用いた28nmプロセスを2013年7~9月に提供開始

GLOBALFOUNDRIES、完全空乏型SOIを用いた28nmプロセスを2013年7~9月に提供開始

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/01 21:40
  • 1/1ページ
 米GLOBALFOUNDRIES社は2012年9月28日に東京都内で開催した報道機関向け電話インタビューにおいて、完全空乏型SOI(fully-depleted SOI:FDSOI)を用いたプロセス技術の提供計画を明らかにした。まずは同技術を用いる最初の世代となる「28nmプロセスの提供を2013年7~9月から開始し、2014年には20nmプロセスの試作(prototiping)を始める」(同社Executive Vice President, Global Sales and MarketingのMichael Noonen氏)。同社は32nm世代までは部分空乏型SOI(partially-depleted SOI:PDSOI)技術を用いてきたが、20nm以降ではさらなる高速・低電力化を狙って完全空乏型SOIを採用する。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓