• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > GLOBALFOUNDRIES、完全空乏型SOIを用いた28nmプロセスを2013年7~9月に提供開始

GLOBALFOUNDRIES、完全空乏型SOIを用いた28nmプロセスを2013年7~9月に提供開始

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/01 21:40
  • 1/1ページ
 米GLOBALFOUNDRIES社は2012年9月28日に東京都内で開催した報道機関向け電話インタビューにおいて、完全空乏型SOI(fully-depleted SOI:FDSOI)を用いたプロセス技術の提供計画を明らかにした。まずは同技術を用いる最初の世代となる「28nmプロセスの提供を2013年7~9月から開始し、2014年には20nmプロセスの試作(prototiping)を始める」(同社Executive Vice President, Global Sales and MarketingのMichael Noonen氏)。同社は32nm世代までは部分空乏型SOI(partially-depleted SOI:PDSOI)技術を用いてきたが、20nm以降ではさらなる高速・低電力化を狙って完全空乏型SOIを採用する。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ