EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「これで我々の顧客はIntelと戦える」、GLOBALFOUNDRIESが14nmプロセスの量産前倒しの理由を説明

大下 淳一=日経エレクトロニクス
2012/10/01 21:30
印刷用ページ
 米GLOBALFOUNDRIES社は2012年9月28日に東京都内で報道機関向けの電話インタビューを開催し、同月20日に発表した14nm世代プロセス技術「14XM(eXtreme Mobility)」について、同社Executive Vice President, Global Sales and MarketingのMichael Noonen氏が説明した。14XMは同社として初めて3次元構造のMOSトランジスタ(フィンFET)を導入するプロセス技術で、最初の製品のテープアウトを2013年末に、量産開始を2014年にそれぞれ予定している。20nmプロセスの量産は2013年に始める予定であり、その後わずか1年間で技術世代を14nmへ進めるというアグレッシブな計画だ。「14nmプロセスの提供開始を顧客企業の予想よりも前倒すことにより、顧客がIntel社に対抗できる環境を整える」(同氏)狙いがある。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング