• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「これで我々の顧客はIntelと戦える」、GLOBALFOUNDRIESが14nmプロセスの量産前倒しの理由を説明

「これで我々の顧客はIntelと戦える」、GLOBALFOUNDRIESが14nmプロセスの量産前倒しの理由を説明

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/01 21:30
  • 1/1ページ
 米GLOBALFOUNDRIES社は2012年9月28日に東京都内で報道機関向けの電話インタビューを開催し、同月20日に発表した14nm世代プロセス技術「14XM(eXtreme Mobility)」について、同社Executive Vice President, Global Sales and MarketingのMichael Noonen氏が説明した。14XMは同社として初めて3次元構造のMOSトランジスタ(フィンFET)を導入するプロセス技術で、最初の製品のテープアウトを2013年末に、量産開始を2014年にそれぞれ予定している。20nmプロセスの量産は2013年に始める予定であり、その後わずか1年間で技術世代を14nmへ進めるというアグレッシブな計画だ。「14nmプロセスの提供開始を顧客企業の予想よりも前倒すことにより、顧客がIntel社に対抗できる環境を整える」(同氏)狙いがある。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓