家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

モバイル機器とテレビを無線接続する「Miracast」、日本TIのチップが対応

中島 募=日経エレクトロニクス
2012/10/01 16:46
印刷用ページ

 日本テキサス・インスツルメンツ(TI)は2012年10月1日、無線LAN技術を使って映像を伝送するシステム「TI Miracastソリューション」を発表した。DRMで保護されたフルHD(1920×1080画素)の映像をリアルタイムに伝送することができ、例えば「スマートフォンの画面をリアルタイムにテレビに表示する」といったことが可能になる。Wi-Fi Alliance(WFA)が策定した技術規格「Wi-Fi Display」に準拠しており、WFAが2012年9月に開始したWi-Fi Displayの認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Miracast」の試験環境での互換性を検証済みという。(関連記事)。

 今回の新システムは、同社が出荷済みのプロセサやワイヤレス・チップを組み合わせたもの。映像を送信する側の「TI Miracastソース・ソリューション」と、受信側の「TI Miracastディスプレイ・ソリューション」で構成される。TI Miracastソース・ソリューションは、同社のプロセサ「OMAPシリーズ」とワイヤレス・チップ「WiLinkシリーズ」を組み合わせたもので、スマートフォンなどの機器への搭載を想定している。当初は「OMAP 4」と「WiLink 6.0」または「WiLink7.0」の組み合わせをサポートするが、「OMAP 5」と「WiLink 8.0」の組み合わせのサポートも近日中に予定しているという。一方、TI Miracastディスプレイ・ソリューションは、同社のビデオ・プロセサ「DaVinciシリーズ」とWiLinkシリーズを組み合わせたもので、テレビやセットトップ・ボックスなどへの搭載を想定している。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング