• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > モバイル機器とテレビを無線接続する「Miracast」、日本TIのチップが対応

モバイル機器とテレビを無線接続する「Miracast」、日本TIのチップが対応

  • 中島 募=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/01 16:46
  • 1/1ページ

 日本テキサス・インスツルメンツ(TI)は2012年10月1日、無線LAN技術を使って映像を伝送するシステム「TI Miracastソリューション」を発表した。DRMで保護されたフルHD(1920×1080画素)の映像をリアルタイムに伝送することができ、例えば「スマートフォンの画面をリアルタイムにテレビに表示する」といったことが可能になる。Wi-Fi Alliance(WFA)が策定した技術規格「Wi-Fi Display」に準拠しており、WFAが2012年9月に開始したWi-Fi Displayの認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Miracast」の試験環境での互換性を検証済みという。(関連記事)。

 今回の新システムは、同社が出荷済みのプロセサやワイヤレス・チップを組み合わせたもの。映像を送信する側の「TI Miracastソース・ソリューション」と、受信側の「TI Miracastディスプレイ・ソリューション」で構成される。TI Miracastソース・ソリューションは、同社のプロセサ「OMAPシリーズ」とワイヤレス・チップ「WiLinkシリーズ」を組み合わせたもので、スマートフォンなどの機器への搭載を想定している。当初は「OMAP 4」と「WiLink 6.0」または「WiLink7.0」の組み合わせをサポートするが、「OMAP 5」と「WiLink 8.0」の組み合わせのサポートも近日中に予定しているという。一方、TI Miracastディスプレイ・ソリューションは、同社のビデオ・プロセサ「DaVinciシリーズ」とWiLinkシリーズを組み合わせたもので、テレビやセットトップ・ボックスなどへの搭載を想定している。

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ