• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 600Mビット/秒超と高速な可視光通信システムを近畿大学が試作

600Mビット/秒超と高速な可視光通信システムを近畿大学が試作

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/29 19:52
  • 1/1ページ
 近畿大学 工学部 電子情報工学科 教授の藤本暢宏氏らの研究グループは、データ伝送速度が600Mビット/秒超と速い可視光通信システムを試作した。特徴は、部材数の削減や安価な市販部材の利用などによってコストを抑制しながら、高速なデータ通信を可能にしたことである。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓