• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 600Mビット/秒超と高速な可視光通信システムを近畿大学が試作

600Mビット/秒超と高速な可視光通信システムを近畿大学が試作

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/29 19:52
  • 1/1ページ
 近畿大学 工学部 電子情報工学科 教授の藤本暢宏氏らの研究グループは、データ伝送速度が600Mビット/秒超と速い可視光通信システムを試作した。特徴は、部材数の削減や安価な市販部材の利用などによってコストを抑制しながら、高速なデータ通信を可能にしたことである。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ