• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 600Mビット/秒超と高速な可視光通信システムを近畿大学が試作

600Mビット/秒超と高速な可視光通信システムを近畿大学が試作

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/29 19:52
  • 1/1ページ
 近畿大学 工学部 電子情報工学科 教授の藤本暢宏氏らの研究グループは、データ伝送速度が600Mビット/秒超と速い可視光通信システムを試作した。特徴は、部材数の削減や安価な市販部材の利用などによってコストを抑制しながら、高速なデータ通信を可能にしたことである。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ