• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > 【CEATEC 2012】コイン電池で動作するBluetooth Low Energy対応の無線通信LSIをラピスが開発

【CEATEC 2012】コイン電池で動作するBluetooth Low Energy対応の無線通信LSIをラピスが開発

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2012/09/28 21:31
  • 1/1ページ
ラピスセミコンダクタは、Bluetooth v4.0 Low Energy対応の2.4GHz無線通信LSI「ML7105」のサンプル出荷を開始したと発表した。消費電流が送信時に9.8mA、受信時に8.9mA、スリープ時に0.7μAといずれも低いため、コイン電池など小型・小容量の電池でも長期間の使用が可能だとする。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ