• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「営業運転での実証は世界初」、SiCの効果を三菱電機が東京メトロ銀座線の車両で確認

「営業運転での実証は世界初」、SiCの効果を三菱電機が東京メトロ銀座線の車両で確認

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/27 21:00
  • 1/1ページ
三菱電機は、鉄道車両のインバータにおけるSiCダイオードの省エネ効果を実証実験し、その結果を発表した。東京地下鉄(東京メトロ)の銀座線の新しい「01系車両」にSiCダイオードを使ったインバータを搭載して、2012年2月からの営業運転で得られた結果である。従来の01系車両と比較して、インバータ装置や誘導モータなどからなる主回路システムの消費電力を38.6%低減できたという。営業運転でのSiCの省エネ効果の実証は、「世界初」(三菱電機)である。

おすすめ