• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「営業運転での実証は世界初」、SiCの効果を三菱電機が東京メトロ銀座線の車両で確認

「営業運転での実証は世界初」、SiCの効果を三菱電機が東京メトロ銀座線の車両で確認

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/27 21:00
  • 1/1ページ
三菱電機は、鉄道車両のインバータにおけるSiCダイオードの省エネ効果を実証実験し、その結果を発表した。東京地下鉄(東京メトロ)の銀座線の新しい「01系車両」にSiCダイオードを使ったインバータを搭載して、2012年2月からの営業運転で得られた結果である。従来の01系車両と比較して、インバータ装置や誘導モータなどからなる主回路システムの消費電力を38.6%低減できたという。営業運転でのSiCの省エネ効果の実証は、「世界初」(三菱電機)である。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ