• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 東芝、TransferJet準拠で世界最小の送受信モジュールを開発

東芝、TransferJet準拠で世界最小の送受信モジュールを開発

  • 赤坂 麻実=Tech-On!
  • 2012/09/26 16:41
  • 1/1ページ
開発した送受信モジュール(写真:東芝)
開発した送受信モジュール(写真:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、近接無線転送技術「TransferJet」規格に準拠した4.8mm×4.8mm×1.0mmの送受信モジュール「TJM35420XLG」を開発した(ニュースリリース)。TransferJet対応の無線ICと高周波フィルタ、水晶発振子などの周辺部品を内蔵している。同社によれば、発表日時点でTransferJet準拠の無線モジュールとして世界最小という。ホスト・インタフェースはSDIO規格に対応。この製品とカプラおよび専用アプリケーション・ソフトウエアにより、スマートフォンやタブレット端末でTransferJetが利用できる。

 また、東芝はTransferJet対応のmicroSDIOカード「TJM35420USG」とTransferJet対応の小型USBアダプタ・モジュール「TJM35420UXG」を併せて製品化する。いずれも業界初の製品という。TJM35420USGは、専用アプリケーション・ソフトウエアをインストールしたスマートフォンやタブレット端末に挿入すれば、その端末でTransferJetを利用できる。メモリは非搭載。TJM35420UXGは、TransferJet対応の無線ICと高周波フィルタや受動素子などの周辺部品、USB接続回路を内蔵している。ノート・パソコンやスマートフォン、タブレット端末に接続し、専用アプリケーション・ソフトウエアをインストールすればTranferJetでの通信ができる。

 3製品とも量産開始は2013年1~3月期を予定している。サンプル出荷は、送受信モジュールのTJM35420XLGは2012年12月、microSDIOカードのTJM35420USGとUSBアダプタのTJM35420UXGは2013年1月に始める。量産規模はTJM35420XLGが300万個/月、TJM35420USGが100万個/月、TJM35420UXGは10万個/月の予定だ。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ