家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

東芝、TransferJet準拠で世界最小の送受信モジュールを開発

赤坂 麻実=Tech-On!
2012/09/26 16:41
印刷用ページ
開発した送受信モジュール(写真:東芝)
開発した送受信モジュール(写真:東芝)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 東芝は、近接無線転送技術「TransferJet」規格に準拠した4.8mm×4.8mm×1.0mmの送受信モジュール「TJM35420XLG」を開発した(ニュースリリース)。TransferJet対応の無線ICと高周波フィルタ、水晶発振子などの周辺部品を内蔵している。同社によれば、発表日時点でTransferJet準拠の無線モジュールとして世界最小という。ホスト・インタフェースはSDIO規格に対応。この製品とカプラおよび専用アプリケーション・ソフトウエアにより、スマートフォンやタブレット端末でTransferJetが利用できる。

 また、東芝はTransferJet対応のmicroSDIOカード「TJM35420USG」とTransferJet対応の小型USBアダプタ・モジュール「TJM35420UXG」を併せて製品化する。いずれも業界初の製品という。TJM35420USGは、専用アプリケーション・ソフトウエアをインストールしたスマートフォンやタブレット端末に挿入すれば、その端末でTransferJetを利用できる。メモリは非搭載。TJM35420UXGは、TransferJet対応の無線ICと高周波フィルタや受動素子などの周辺部品、USB接続回路を内蔵している。ノート・パソコンやスマートフォン、タブレット端末に接続し、専用アプリケーション・ソフトウエアをインストールすればTranferJetでの通信ができる。

 3製品とも量産開始は2013年1~3月期を予定している。サンプル出荷は、送受信モジュールのTJM35420XLGは2012年12月、microSDIOカードのTJM35420USGとUSBアダプタのTJM35420UXGは2013年1月に始める。量産規模はTJM35420XLGが300万個/月、TJM35420USGが100万個/月、TJM35420UXGは10万個/月の予定だ。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング