EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

ホーア論理を拡張しポインタを扱える「Separation Logic」、静的検証ツール「Infer」でMonoidics社が実用化

進藤 智則=日経コンピュータ
2012/09/26 13:55
印刷用ページ
 静的検証ツールの分野で新たなタイプの製品が登場した。メモリ関連エラーの検出に特化した英Monoidics社の「Infer」だ。「Separation Logic」という近年開発されたソフトウエア科学の研究成果を活用している。従来の一般的な静的検証ツールよりも正確に、メモリリークなどのメモリ関連のエラーをチェックできるのが特徴だ。  メモリリーク検証ツールといえば、米IBM社の「Rational Purify」が著名だが、Purifyは静的検証ツールではなく、実際に対象となるソフトウエアを実行しながらメモリリークを検出する。これに対し、静的検証によるメモリリーク検出は、ソフトウエアを実行せずに、ソースコードの解析によって推定する。より上流工程で対処できるという利点がある。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング