• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > ホーア論理を拡張しポインタを扱える「Separation Logic」、静的検証ツール「Infer」でMonoidics社が実用化

ホーア論理を拡張しポインタを扱える「Separation Logic」、静的検証ツール「Infer」でMonoidics社が実用化

  • 進藤 智則=日経コンピュータ
  • 2012/09/26 13:55
  • 1/1ページ
 静的検証ツールの分野で新たなタイプの製品が登場した。メモリ関連エラーの検出に特化した英Monoidics社の「Infer」だ。「Separation Logic」という近年開発されたソフトウエア科学の研究成果を活用している。従来の一般的な静的検証ツールよりも正確に、メモリリークなどのメモリ関連のエラーをチェックできるのが特徴だ。  メモリリーク検証ツールといえば、米IBM社の「Rational Purify」が著名だが、Purifyは静的検証ツールではなく、実際に対象となるソフトウエアを実行しながらメモリリークを検出する。これに対し、静的検証によるメモリリーク検出は、ソフトウエアを実行せずに、ソースコードの解析によって推定する。より上流工程で対処できるという利点がある。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ