技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

新ブランドは「ミライエ」---三菱電機、照明事業を子会社の三菱電機照明に統合

吉田 勝=日経ものづくり
2012/09/25 15:41
印刷用ページ

 三菱電機は、照明事業を子会社の三菱電機照明(本社神奈川県鎌倉市)に統合すると発表した(ニュースリリース)。中核事業であるLED照明事業は、新ブランド「MILIE(ミライエ)」として展開し、オフィス、工場・倉庫、店舗・商業施設向けの施設用3分野で2016年度に業界トップを目指す。統合日は2012年10月1日。

 これまで、三菱電機グループにおける照明事業は、照明器具の製造・販売を担当してきた三菱電機照明の他に、ランプ・蛍光灯の製造を担当するオスラム・メルコ、販売を担う三菱電機オスラムで分業していた。しかし、LED化の進展による照明市場の変化への対応と事業拡大を促進するため、照明事業の体制を再編することを2012年4月に発表していた(ニュースリリース)。今回は、その具体的な内容を明らかにしたもの。

 再編の主な内容は(1)「開発営業部」「研究開発部」の新設による販売力・開発力の強化、(2)掛川南工場(旧三菱電機照明静岡工場)をLED照明器具の、掛川北工場(旧オスラム・メルコ掛川工場)をLEDデバイス(モジュール・電源)と蛍光ランプの工場とすることによる生産効率の改善と設備増強、である。

 (1)では、三菱電機グループの販売力や研究開発力を活用し、光源と照明器具を統合した差別化製品の開発と顧客へのソリューション提案を強化する。具体的には今後LED照明の普及が加速するとみられる施設用3分野を中心に、2016年度までに5000機種をラインアップして同分野における業界トップを狙う。(2)では両工場のLED製造設備に対する投資によりLED照明の生産能力を増強する。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング