• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 島津製作所、ファイバーレーザによる微細加工に適した光源を開発

島津製作所、ファイバーレーザによる微細加工に適した光源を開発

  • 富岡 恒憲=Tech-On!編集
  • 2012/09/25 14:25
  • 1/1ページ
 島津製作所は、ファイバーレーザによる微細加工に適した光源(外部共振器型短パルス半導体レーザ)「BEAM IMPACTシリーズ」を開発し、2012年9月25日に発売する。加工対象に与える熱的な影響が小さい短パルス(パルス幅1.5ns)の種光を発生できる上、加工対象への吸収率が高く広範な材料への適用が可能な短波長の種光を出せる。微小スポットへの集光も可能としていることから、微細加工に適しているという。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ