お薦めトピック

Given Imaging社の大腸用カプセル内視鏡、薬事承認に向けた申請を日本の規制当局に提出と発表

2012/09/21 23:00
小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
PillCam COLON 2
PillCam COLON 2
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 イスラエルGiven Imaging社は、大腸用カプセル内視鏡「PillCam COLON 2」の薬事承認に向けて医薬品医療機器総合機構(PMDA)に申請書を提出したと発表した。同内視鏡は既に2009年9月にCEマークを取得しており、欧州やラテンアメリカ、カナダ、一部のアジア地域などで販売されている。

 大腸用カプセル内視鏡は、既に国内で認可されている小腸用カプセル内視鏡と異なり、二つのカメラ(両端に一つずつ)を搭載する。寸法は、11.6mm×31.5mm。最高で35枚/秒のフレーム・レートで撮影できる。

 提出した治験データには、標準の大腸内視鏡検査で確認済みの6mm以上の大腸ポリープを94%の感度で医師が検出できたことが示されているという。大腸粘膜を可視化して大腸がんを含む大腸疾患を診断するツールとして、PillCam COLON 2の有用性を評価したものとGiven Imaging社は説明する。

 Given Imaging社によれば、日本市場におけるPillCam COLON 2の適用件数は、年間約100万件と見積もることができるという。

【来場事前登録・カンファレンス聴講事前登録(いずれも無料)受付中!】

デジタルヘルスDAYS 2015
~東京ビッグサイトで開催~


注目のカンファレンス・展示・イベントが一堂に。詳細はこちら

日時:2015年9月30日(水)~10月2日(金)
会場:東京ビッグサイト

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング