半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

デジカメ並みの高画質をスマホで、パナソニック デバイスが新型イメージセンサを開発

大石 基之=日経ものづくり
2012/09/20 18:06
印刷用ページ
図1 開発したSmartFSIイメージセンサ
図1 開発したSmartFSIイメージセンサ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 画素の断面図
図2 画素の断面図
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニック デバイス社は、スマートフォンやタブレット端末用カメラの高画質化・薄型化に向けた1/3.06型13メガピクセルの「SmartFSI」イメージセンサを開発した。2012年12月から量産を開始する。今回の製品の搭載により、スマートフォンやタブレット端末などのカメラでデジタルカメラ並みの高S/N・高色再現性を実現できるとする。

 今回の製品の特徴は大きく3つある。第1に、業界トップ水準の高感度3230el/lx/sec/μm2を実現することにより、スマートフォンなどのモバイル端末搭載カメラの高画素化が可能。第2に、画素アンプの高感度化とトランジスタの低ノイズ化により、従来比2倍の高S/Nを実現するとともに、同社独自の集光構造と偽色が少なく色再現の良いRGB画素配列により、暗所でも明るくかつ被写体の色を忠実に再現可能。第3に、同社独自の集光構造の特徴を活用し、集光性能としての入射角を拡大することにより、カメラモジュールの薄型化を可能にした。

 これらの特徴は以下の技術によって実現した。[1]微小サイズの画素に広く、深いフォトダイオードを形成する、高感度フォトダイオード形成技術、[2]寄生容量の低減による画素アンプの高感度化とトランジスタの低ノイズ化を実現する半導体微細加工技術、[3]カメラモジュール・レンズと同社独自の集光構造の最適マッチング設計技術、である。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング