次世代工場 工場の将来像が見える
 

タクミナ、微量の超臨界二酸化炭素を供給できる装置を開発---発泡成形向け

富岡 恒憲=Tech-On!編集
2012/09/19 18:00
印刷用ページ
 タクミナは、成形・押し出し時に樹脂に混ぜることで発泡を促す超臨界の二酸化炭素を微量供給できる装置を開発し、材料と技術に関する複合展「N+」(2012年9月19~21日、東京ビッグサイト)に出品した。開発したのは、超臨界の二酸化炭素を4~20g/minで供給できるようにしたもの。従来の同社製装置による供給量は30~600g/minであり、成形対象によっては超臨界二酸化炭素の供給量が多すぎて金型から発泡した樹脂が吹き出してしまうようなケースもあったという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング