ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【麻倉怜士IFA報告】ベルリンに誕生したFraunhofer研究機構「3D Innovation Center」の狙い

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/09/09 17:29
印刷用ページ
 Fraunhofer(フラウンホーファー)研究機構は、年間研究費の1/3をドイツ連邦政府および州政府が、経営維持費として資金提供している、ドイツが誇る政府系研究開発機関だ。60の研究所をはじめとし、80を超える研究ユニットがドイツ全国40カ所で活動しており、1万8000人以上が研究開発に従事している。電気自動車から風力発電まであらゆる科学技術分野において応用研究をしている。音声圧縮のMP3や映像圧縮のH.264は、Fraunhofer研究機構の開発技術が規格化に大きく貢献している。政府からの補助、民間の企業、産業団体からの委託研究費、特許料収入が主な売り上げである。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング