• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【麻倉怜士IFA報告】ベルリンに誕生したFraunhofer研究機構「3D Innovation Center」の狙い

【麻倉怜士IFA報告】ベルリンに誕生したFraunhofer研究機構「3D Innovation Center」の狙い

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2012/09/09 17:29
  • 1/1ページ
 Fraunhofer(フラウンホーファー)研究機構は、年間研究費の1/3をドイツ連邦政府および州政府が、経営維持費として資金提供している、ドイツが誇る政府系研究開発機関だ。60の研究所をはじめとし、80を超える研究ユニットがドイツ全国40カ所で活動しており、1万8000人以上が研究開発に従事している。電気自動車から風力発電まであらゆる科学技術分野において応用研究をしている。音声圧縮のMP3や映像圧縮のH.264は、Fraunhofer研究機構の開発技術が規格化に大きく貢献している。政府からの補助、民間の企業、産業団体からの委託研究費、特許料収入が主な売り上げである。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ