家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【麻倉怜士IFA報告】シャープとアイキューブド研究所の「ICC・4K」の進化(2)「静止する動画」の提案

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/09/09 16:48
印刷用ページ
芦ノ湖のフルHD映像
芦ノ湖のフルHD映像
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ICC・4K映像
ICC・4K映像
[クリックすると拡大した画像が開きます]
フルHD映像のアップ
フルHD映像のアップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ICC・4K映像のアップ
ICC・4K映像のアップ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
「2012 International CES」での芦ノ湖の映像
「2012 International CES」での芦ノ湖の映像
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 なぜ「ICC・4K」(I3(アイキューブド)研究所が開発したフルHDから4K×2Kのアップコンバート技術)のアップコンバート映像は、それほど凄いのか。これはエンコード/デコードの相補性システムではない。ICCとは関係なく撮影されたフルHD映像をICC・4K処理すると、あら不思議。前編の記事で書いたように、優れたフォーカスと深い奥行き、微細な質感、そして広大なパースペクティブ(遠近感)が得られるのである。特に今回は、「これまで見たICC・4Kの画像とは全く違う」と言っても言い過ぎではないほど進化している。

 なぜ、圧倒的な高精細、質感の表現力、深い奥行き、そして高臨場感の4K×2Kアップコンバート映像が実現したのか。理由の一つがアルゴリズムの進化だ。2011年の「IFA」で披露したバージョンは「0」、2012年1月の「CES」では「0.5」、そして今回のIFAでは「1」になった。つまり、バージョンが完全に次世代用になった。そもそもシャープでの商品化はもっと早いスケジュールが予定されていた。今回のバージョンは、4K×2Kテレビの第2世代用として開発されたアルゴリズムなのである。

 ICCの絵づくりの考えは「撮影されたカメラから発した電気信号がさまざまな系を通ってテレビに映る電子映像を見ても、脳に本物のオブジェクトを見たのと同じような働きを起こさせる」(アイキューブド研究所 代表取締役社長の近藤哲二郎氏)ということであり、これは全く変わっていない。変わったのは「光をどう再現するか」という部分だ。

 一般の超解像といわれている画像処理は、画面の中央のオブジェに注目し、それをくっきりさせるという方法論である。一方、ICCは全く違う。人の目には、その物体だけなく、横や後ろの物体も見えているという事実がある。しかし、カメラで撮影すると光学特性から、特に望遠レンズでは、前後のある1点にしかフォーカスが合わない。これは、人が実際に眼前の景色を見るのとは相当異なる、不自然な映像となる。新しいICCでは、前後・左右にある物体の「相互関係」に着目し、その間の距離感や質感の違いを明確に表現できるようにアルゴリズムを設定し直した。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング