• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【麻倉怜士IFA報告】ソニーの3Dヘッド・マウント・ディスプレイ、画質が大幅に向上

【麻倉怜士IFA報告】ソニーの3Dヘッド・マウント・ディスプレイ、画質が大幅に向上

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2012/09/09 12:16
  • 1/1ページ
ソニー・ブースで試用する来場者は後を絶たない
ソニー・ブースで試用する来場者は後を絶たない
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年に「HMZ-T1」という型番で、ソニー製品の中でも断トツの人気を誇った「3Dヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)」。今回、初めてのモデル・チェンジを経て、「IFA 2012」で「HMZ-T2」として再デビューを飾った。初代の製品も大きな話題になったが、2代目は画質、音質、3D効果などが飛躍的に改善されたと、筆者は判断した。

 そもそも、このHMDの3次元(3D)映像品質は他のディスプレイを圧倒している。テレビやプロジェクタの3D映像はメガネを通して見るのだが、右目用と左目用の映像を高速に切り替えるなどの処理をするため、画面が暗い、クロストーク(二重像)が出やすい、ちらつきが出る――という3つの問題が発生する。ところが、このHMDは、二つのディスプレイで左右の目に独立した映像を届ける。3Dテレビとは異なり、1つの画面に左右の映像を交互に映す必要はない。液晶シャッターが視界を遮ることもない。

 画質は大幅に向上した。表示素子の720pの有機ELパネルは変わらないのだが、見え方がまるでフルHDであるかのように精密で繊細になった。720pでもいかにしたらフルHDのように見えるか、に注力した結果だという。エンハンスの方法を高域中心に変え、光学レンズの周波数特性も考慮した。この処理の結果、3Dでもより確実な立体感が得られるようになったのである。

【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ