• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【麻倉怜士IFA報告】3Dテレビの新しい展開

【麻倉怜士IFA報告】3Dテレビの新しい展開

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2012/09/09 11:41
  • 1/1ページ
パナソニックの103型裸眼3Dプラズマ・ディスプレイ
パナソニックの103型裸眼3Dプラズマ・ディスプレイ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ソニーの偏光方式の84型3Dテレビ
ソニーの偏光方式の84型3Dテレビ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
東芝の55型裸眼3Dテレビ
東芝の55型裸眼3Dテレビ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「3次元(3D)」はテレビの普通の機能になり、それだけで大々的にフィーチャーされるものではなくなった。しかし、その陰で着々と新事態が進行していることが、「IFA 2012」を取材して分かった。まず「~はだめだから、やらない」としていたことを逆に採用する例。代表がパナソニックの103型裸眼3Dプラズマ・ディスプレイだ。

 パナソニックは「BD3D規格」の制定過程で、画質を最優先し、画質の劣る偏光方式や裸眼3Dを徹底的に潰した。そうでありながら、まず小型の液晶テレビで偏光方式を採用したのに続き、今回のIFAでは103型の裸眼3Dプラズマ・ディスプレイも出品した。「『パナソニックよおまえもか』のようですが、これまでは『これはダメ、これは良い』とのこだわりがありましたけれども、なかなか3Dが普及しないので、多面作戦で行くことにしました」と、旧知の研究者が言った。

 ベースの画素数は4K×2K。パララックス・バリア方式で8視差である。1視差当たり720pほどの解像度はあるはずだ。あまり立体感を誇張していない映像ということもあり、比較的それなりに見ることができた。

 ソニーも、これまでのフルHDの液晶シャッター方式へのこだわりを捨てて、84型の4K×2K液晶テレビでは、偏光方式に文字通り変更した。もっとも4K×2Kなので、垂直方向の解像度がフルHD分は確保されたことから、偏光方式の採用に踏み切ったという側面も強い。パナソニックとソニーの行動から読めるのは、こだわりを捨てることはとても大事というこだ。

 東芝は、裸眼3Dをしつこく提案している。東芝ブースでは55型の裸眼3Dディスプレイを6台も展示した。「3Dは裸眼で行く」と、強烈に訴えていた。ブース内の商談コーナーでは、4K×2K用の「CEVOエンジン」によって16の視差を作る試みも実演されていた。画質はまだまだだが、「信号処理によって裸眼3Dが可能」という提案は面白い。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ