• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【Nexus 7分解その1】コストパフォーマンスが高い7型タブレット端末

日経エレクトロニクス分解班
2012/09/07 13:23
1/1ページ
Nexus 7の前面(左)と背面(右)。背面は軟質の樹脂製だが、「nexus」という文字が彫り込まれており、それなりに質感が高い。ただし、各種の認定マークがただのシールになっているのはいただけない。
Nexus 7の前面(左)と背面(右)。背面は軟質の樹脂製だが、「nexus」という文字が彫り込まれており、それなりに質感が高い。ただし、各種の認定マークがただのシールになっているのはいただけない。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ライバルのタブレット端末との比較(日経エレクトロニクス2012年7月23日号解説「ついにGoogleがデジタル家電メーカーに」より)
ライバルのタブレット端末との比較(日経エレクトロニクス2012年7月23日号解説「ついにGoogleがデジタル家電メーカーに」より)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
裏ぶたを開けたところ。いきなりメイン基板が顔を出した。メイン基板の下半分の光っている部分は、実際には銅板である。上部中央は、いかにも背面カメラを取り付けられそうな構造をしていた。
裏ぶたを開けたところ。いきなりメイン基板が顔を出した。メイン基板の下半分の光っている部分は、実際には銅板である。上部中央は、いかにも背面カメラを取り付けられそうな構造をしていた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
NFCアンテナをはがしたところ。
NFCアンテナをはがしたところ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 日経エレクトロニクス分解班では、Google社が2012年7月中旬に米国で発売したタブレット端末「Nexus 7」を入手した(Tech-On!の関連記事)。開発したのは台湾ASUSTeK Computer社。Android 4.1を採用し、米NVIDIA社の最新プロセサ「Tegra 3」(プロセサが4コア、GPUが12コア)を搭載している。

 それでいて、フラッシュ・メモリ8Gバイトのモデルの価格が199米ドルと、コストパフォーマンスの高さが特徴だ。海外のオークション・サイトや並行輸入業者を利用すれば、日本でも送料込みで2万円台で入手できる。

 重さは340gで、600~700gのiPadよりもかなり軽い。手に持った際にもはっきりと軽さが感じられ、「これなら持ち歩けそうだ」という感想を持った。タッチ・パネルの操作も軽快で、普段使い用のタブレット端末としては申し分ない。

 カメラは前面のみで、背面カメラはコスト削減のためか省略されている。もっとも、タブレット端末で背面カメラを使うシーンはそれほど多くない。テレビ電話用の前面カメラさえあれば十分だというユーザーも多いだろう。

 ただし、外見で安っぽさを感じる部分があった。各種の認証マークが、今にもはがれそうなシールに表示されていたのだ。はがしてしまうユーザーもいるに違いない。こうした「ゆるさ」はいただけない。

 裏ぶたは、たいていのスマートフォンのように樹脂製の爪ではめ込まれているだけであり、簡単に開けることができた。スマートフォンでは、裏ぶたを開けたところに2次電池やSIMカード・スロットなどが位置し、その下に筐体背面部があるのが普通だ。しかし、驚くべきことにNexus 7では、この時点でL字型のメイン基板がいきなり顔を出した。ぎりぎりまでコストを削減するために、筐体を構成する部品を最小限にしているようだ。

 興味深いことに、基板の上部中央には四角の穴が空けられており、その下の金属製フレームには使われていないねじ穴があった。いかにも背面カメラを取り付けられそうな構造だ。Nexus 7は、もともと背面カメラを搭載可能な端末として設計されているようだ。

 裏ぶたの内側には、3種類のシート状のアンテナが貼り付けられていた。前から向かって左側が無線LANのアンテナ、右側がGPSのアンテナだ。中央にはNFC(near field communication)のアンテナが位置していた。おのおののアンテナは、バネ接点でメイン基板と接続されている。

その2に続く)

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング