ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

【麻倉怜士IFA報告】LGの有機ELについて独占インタビュー、「製造は予想以上に難しいが、なんとか韓国で年内発売を」

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2012/09/06 23:44
印刷用ページ
左からLG Display社のテレビ製品企画の崔彩宇(チェ・チェウ)氏、LG ElectronicsのOLEDテレビ・ビジネス戦略部シニアマネージャーの朴(パク・ウォンシク)氏、筆者、同OLEDテレビ・ビジネス戦略部部長のチャン・ムンイク氏、
左からLG Display社のテレビ製品企画の崔彩宇(チェ・チェウ)氏、LG ElectronicsのOLEDテレビ・ビジネス戦略部シニアマネージャーの朴(パク・ウォンシク)氏、筆者、同OLEDテレビ・ビジネス戦略部部長のチャン・ムンイク氏、
[クリックすると拡大した画像が開きます]
LGの55型有機ELテレビ。チューナーが独立したモデル。
LGの55型有機ELテレビ。チューナーが独立したモデル。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
白+RGB方式の説明(1)
白+RGB方式の説明(1)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
白+RGB方式の説明(2)
白+RGB方式の説明(2)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 韓国のLG Electronics社、LG Display社の幹部、担当者に同社独自の有機EL技術についてインタビューした。尋ねた相手はLG Electronics社 OLEDテレビ・ビジネス戦略部部長のチャン・ムンイク氏、同 OLEDテレビ・ビジネス戦略部シニアマネージャーのパク・ウォンシク氏、LG Display社のテレビ製品企画のチェ・チェウ氏である。

――2012年1月の「CES」では、「55型の有機ELテレビは秋口に出す」ということでした。もう発売されたのですか。

 それが、まだなんです。この秋までにはと思ってましたが……。なんとか12月までには韓国で発売したいと思っています。

――延期の理由は?

 LG Display社でのパネル生産がなかなか立ち上がってこないことです。不良率が高い。初めてのデバイス、酸化物半導体のTFTなど、不良を出す要因は多いのです。特に酸化物半導体を用いた大型ディスプレイの量産は世界で初めてのことなので、予期せぬトラブルがあります。良品率は具体的には言えませんが、予測よりかなり低いのが現状です。目標は2013年末に80%です。今は、とてもとても。液晶パネルは97~98%ですから、先は遠い。

――とにかく頑張ってくださいというしかないですね。

 頑張ります……。

――それはそうと、CESでの発表から9カ月が過ぎました。バネル性能として改良した部分もあると見ています。

 ユニフォーミティです。CESではそれがとても低く、ムラが多かったのでかなり改善しました。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング