家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【Nexus Q分解その5】結局、Googleが何をしたかったのかは不明

日経エレクトロニクス分解班
2012/09/06 16:15
印刷用ページ
メイン基板の下側。中央やや右寄りの表面が白く汚れているパッケージが、DRAMとアプリケーション・プロセサ。
メイン基板の下側。中央やや右寄りの表面が白く汚れているパッケージが、DRAMとアプリケーション・プロセサ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
電磁雑音対策用の金属カバーに貼り付けられた熱伝導シート。
電磁雑音対策用の金属カバーに貼り付けられた熱伝導シート。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
上の熱伝導シートは、写真中央の平らな部分に接しており、本体の下半球に熱を逃がすようになっている。
上の熱伝導シートは、写真中央の平らな部分に接しており、本体の下半球に熱を逃がすようになっている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Nexus Qの部品を並べたところ。
Nexus Qの部品を並べたところ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

その4から続く)

 ステレオ・アンプ基板の下にようやくメイン基板があった。基板の下側の面は、電磁雑音対策用の大きな金属カバーに覆われている。

 金属カバーの下に各種の電子部品が実装されていた。Google社は、Nexus Qのアプリケーション・プロセサとしてTI社の「OMAP4460」を採用していることを明らかにしている。同社のスマートフォン「Galaxy Nexus」も搭載しているプロセサだ。

 そこで基板上に「OMAP4460」と記されたLSIがないか探してみた。しかし、見当たらない。どうやらDRAMとパッケージ・オン・パッケージ(PoP)で実装されているようだ。

 アプリケーション・プロセサとDRAMのパッケージの上には、熱伝導性シートが載せられ、金属カバーに熱を逃がすようになっていた。さらに金属カバーと下部の半球の間にも熱伝導性シートがあった。下部の半球は金属の塊であり、最終的にここに熱を逃がすようになっている。

 Nexus Qはさまざまな点に開発者のこだわりが感じられる製品だ。例えば、音量ダイヤルの半球は樹脂製で、本体の下半球は金属製だが、つや消しの黒で塗装することで、同じような質感を実現している。

 問題は、そうした“こだわり”がどんなユーザーに向けたものなのかがよく分からない点だ。意地悪な見方をすれば、開発者が“自分の趣味に合ったガジェット”を開発したかっただけのように見える。発売が無期延期になってしまったのもうなずける話だ。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング