設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

「フレキシブルな有機薄膜太陽電池こそ建材一体型(BIPV)向き」、ドイツHeliatek社に聞く

野澤 哲生=日経エレクトロニクス
2012/09/05 19:51
印刷用ページ
左からHeliatek社CTOのMartin Pfeiffer氏、同社CEOのThibaud Le Seguillon氏。手にしているモジュールは最新の試作品。
左からHeliatek社CTOのMartin Pfeiffer氏、同社CEOのThibaud Le Seguillon氏。手にしているモジュールは最新の試作品。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
「これが窓の代わりになる」と半透明のモジュールを手にするLe Seguillon氏。
「これが窓の代わりになる」と半透明のモジュールを手にするLe Seguillon氏。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 有機薄膜太陽電池(OPV)メーカーのドイツHeliatek社はこの2~3年、OPVの変換効率向上で三菱化学などとデッドヒートを繰り広げている。例えば、Heliatek社は2012年4月に面積1.1cm2の太陽電池セルが、当時の世界最高となる変換効率10.7%を達成したと発表した(関連記事)。対する三菱化学は同5月に変換効率11.0%のセルを発表した、といった具合である(関連記事)。

 わずか3年前の2009年時点では、OPVは変換効率が6%を超えただけでニュースになっていた(関連記事)。OPV技術の進歩の速さは、太陽電池全体の中でもトップクラスになっている。

 一方で明るい話ばかりではない。OPVの実用化で先行していた米Konarka Technologies社は2012年6月に倒産した(関連記事)。現在、太陽電池には過剰生産という強い逆風が吹いているが、変換効率がまだ低いOPVは、世界中のFIT(feed-in tariffs)など助成策で湧く太陽光発電ブームに乗ることさえできず、市場開拓に苦しんでいる。

 そうした中、Heliatek社は最近になって、OPVの量産技術をほぼ開発し、近い将来に年産70MW超という規模で量産を開始する計画を発表した。どのような戦略、勝算をもって今の逆風に立ち向かうのか。Konarka社の轍を再び踏む恐れはないのか。今後、OPVにはどのような可能性があると考えているのか。8月末に来日したHeliatek社CEOのThibaud Le Seguillon氏と、同社CTO Martin Pfeiffer氏に話を聞いた。

――Konarka社の倒産をどう考えるか。Heliatek社は、Konarka社とどう違うのか。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング