クルマ 自動車の最新技術を追う
 

ドイツVolkswagen社、7世代目となる新型「Golf」を公開

鶴原 吉郎=日経Automotive Technology
2012/09/05 11:37
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ドイツVolkswagen(VW)社は7代目となる新型「Golf」を公開した。車体を最大100kg軽量化し、気筒休止システムを採用した排気量1.4Lの直噴ガソリンターボエンジン「TSI」を搭載したモデルでは欧州混合モード燃費4.8L/100km(20.8km/L)と、従来の1.4L・TSIエンジン搭載モデルより燃費を23%向上させた。

 新型Golfは、VWグループの新しいモジュール戦略である「MQB」を、ドイツAudi社の「A3」に次いで採用し、プラットフォームからエンジンに至るまで全面的に刷新した。詳細は発表されていないが、ガソリンエンジンは排気量1.2Lおよび1.4LのTSIエンジンで、出力のバリエーションは63~110kW。すべてのエンジンにアイドリングストップ機構とエネルギ回生システムを備える。ベースエンジンである1.2L・63kWのTSIエンジンの燃費は4.9L/100km(20.4km/L)、CO2排出量は115g/km。

 ディーゼルエンジンは出力77kWと110kWのタイプがあり、77kW仕様の欧州混合モード燃費は3.8L/100km(26.3km/L)、CO2排出量は99g/kmと100g/kmを切り、従来型Golfの低燃費仕様車である「BlueMotion」仕様と同等の燃費を実現した。新型Golfでは、欧州混合モード燃費3.2L/100km(31.3km/L)・CO2排出量85g/kmを実現したBlueMotion仕様も用意する。新型Golfシリーズ全体で、平均13.9%のCO2排出量を削減すると同社は見積もっている。新型Golfのベースモデルの価格は1万6975ユーロ(1ユーロ=98円換算で166万3550円)で、従来モデルから据え置いたとしている。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング