• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【IFA 2012】NTTドコモがIFAに初出展、“表情”を添えられるSMS技術を紹介

【IFA 2012】NTTドコモがIFAに初出展、“表情”を添えられるSMS技術を紹介

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/03 21:00
  • 1/1ページ
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbHのブース
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbHのブース
[画像のクリックで拡大表示]
写真から表情を合成する
写真から表情を合成する
[画像のクリックで拡大表示]
SMSなどでの利用を想定する
SMSなどでの利用を想定する
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモはIFA 2012において、同社として初めてIFAでの展示ブースを設けた。同社 欧州研究所(ドイツDOCOMO Communications Laboratories Europe GmbH)が、「3D Face Avatar」と呼ぶ携帯端末向け技術を紹介している。

 3D Face Avatarは、携帯端末のカメラで顔写真を撮影すると、それを基に“笑った顔”や“怒った顔”などの3次元的な表情を合成する技術である。携帯端末でSMS(short message service)を利用する際などに、この合成画像を使って、テキストと共に送信者の“表情”を伝える。SMSのメッセージを受け取った相手は、テキストの内容に合わせて合成された送信者の表情を、携帯端末のディスプレイ画面で見られる。これによって、相手の感情をよりリアルに感じ取れるという仕組みだ。

 この技術は「自動音声翻訳のように、ネットワークにさまざまな付加価値を載せていくService Enabler Network技術の一環として開発を進めている。すぐにでも端末に実装可能な技術だ」(ブースの説明員)とする。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓