• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【IFA 2012】Intelがタブレット端末やスマホでの実績を強調、ZTEのAndroidスマホへの採用が決まる

【IFA 2012】Intelがタブレット端末やスマホでの実績を強調、ZTEのAndroidスマホへの採用が決まる

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/03 10:04
  • 1/1ページ
Windows 8端末での実績
Windows 8端末での実績
[画像のクリックで拡大表示]
スマホでの採用事例
スマホでの採用事例
[画像のクリックで拡大表示]
ZTE社がスマホに採用
ZTE社がスマホに採用
[画像のクリックで拡大表示]
Grand X IN
Grand X IN
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel社はIFA 2012に、同社のマイクロプロセサを搭載する薄型ノート・パソコン「Ultrabook」の巨大なブースを設けている。併せて同社がアピールしているのが、現状ではARMコア・プロセサの牙城であるタブレット端末やスマートフォンにおいて、Intel社製チップセットの採用が徐々に増えていることだ。

 8月30日に同社が催した記者発表会では、米Microsoft社の次期OS「Windows 8」を搭載するタブレット端末/ノートPC一体型端末での採用状況を明らかにした。既に、OEMメーカー10社が発売予定の計20モデルで「Atom」プロセサの採用が決まっており、今後もその数は増えるとした。

 加えて、スマートフォンでもIntel社製チップセットの搭載端末が増えているといい、中国ZTE社のAndroidスマートフォンの最新機種「Grand X IN」への採用が決まったことを8月30日付けで発表した。Grand X INは、ZTE社が2012年9月に欧州で発売する、4.3型液晶パネルを備えた3G(HSPA+)端末である。ソフトウエア基盤はAndroid 4.0。アプリケーション・プロセサにIntel社のAtomプロセサ「Z2460」、ベースバンドLSIにIntel社の「XMM 6260」を採用した。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓