• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【IFA 2012】大画面の4K×2Kテレビ技術を各社が競う、シャープは60型を2013年下期に発売

【IFA 2012】大画面の4K×2Kテレビ技術を各社が競う、シャープは60型を2013年下期に発売

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/09/03 10:02
  • 1/1ページ
「ICC」を搭載したシャープの60型品
「ICC」を搭載したシャープの60型品
[画像のクリックで拡大表示]
Samsung社の70型品
Samsung社の70型品
[画像のクリックで拡大表示]
LG社の84型品
LG社の84型品
[画像のクリックで拡大表示]
東芝の84型品
東芝の84型品
[画像のクリックで拡大表示]
Hisense Groupの65型品
Hisense Groupの65型品
[画像のクリックで拡大表示]

 IFA 2012では、4K×2K(3840×2160画素)に対応する大画面の液晶テレビ技術を、テレビ・メーカー各社が競っている。シャープは、I3(アイキューブド)研究所と共同開発した60型品を出展し、2013年下期に国内外で発売する意向を明らかにした。韓国Samsung Electronics社は70型パネルを出展。このほか、韓国LG Electronics社とソニー、東芝がそれぞれ84型品を展示した。中国Hisense Groupは65型品と50型品を出展している。

 シャープの60型品は「IFA 2011」で初披露したもので、フルHD(1920×1080画素)映像から高品質の4K×2K映像を生成できる、I3研究所の画像処理LSI「ICC」(integrated cognitive creation)を搭載している(Tech-On!関連記事1同2)。今回は、共同開発品を「ICC-LED TV」として展示すると共に、発売時期を明らかにした。販売価格は未定とするが、100万円を大きく超える価格を想定しているもようである。

 70型パネルを出展したSamsung社は、大画面の4K×2Kテレビを「2013年に製品化する」(同社の担当者)という。画面寸法は84型前後になる見通しである。

 LG社は2012年8月に韓国で84型品を発売済みであり、ソニーは同年内に発売する( Tech-On!関連記事3)。東芝は84型品について、「2012年内または2013年に発売する。発売時期や価格について検討を進めている」(同社の担当者)とした。同社は2011年に、業界に先駆けて4K×2K対応の55型品を発売済み。その実績から、「4K×2K対応の画像処理技術には一日の長がある」(同担当者)とする。84型品には、55型品に搭載した画像処理LSIの改良版「CEVO Engine 4K」を採用する。

 Hisense Groupの展示品は、台湾Chimei Innolux社の液晶パネルを搭載したもの。2013年に発売予定であるという。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓