家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【IFA 2012】パナソニックが白物家電への注力ぶりをアピール、一般来場者向けスペースに初展示

大下 淳一=日経エレクトロニクス
2012/08/31 08:20
印刷用ページ
記者発表に登壇したパナソニックの中島氏
記者発表に登壇したパナソニックの中島氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
白物家電の売上高に占める海外比率を高めていく
白物家電の売上高に占める海外比率を高めていく
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Samsung社は記者会見で洗濯機向け技術をアピール
Samsung社は記者会見で洗濯機向け技術をアピール
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 IFA 2012では、パナソニックが白物家電事業への注力ぶりを強くアピールしている。同社は今回、5000m2と前回に比べて1000m2広い展示ブースを構えた。従来は商談用スペースで展示していた白物家電を、今回は一般来場者向けスペースで披露する。

 2012年8月29日に同社が催した記者会見では、白物家電事業を担当する中島幸男氏(グローバルコンシューマー マーケティング部門 アプライアンスマーケティング本部 本部長)が登壇し、海外市場開拓への意気込みを示した。同社の白物家電事業における海外売上高比率は、2011年度には38%にとどまったが、2015年度には50%にまで高める計画という。この間、欧州における白物家電の売上高を約80%高める意向である。

 パナソニックは欧州ではこれまで、省エネ機能を訴求するエアコンや冷蔵庫、洗濯機などの販売に力を入れてきた。今後は、調理器具や備え付け(ビルトイン)型のキッチン、理美容家電などの販売にも注力する考えを示した。

 IFA 2012では、韓国Samsung Electronics社などの海外メーカーも白物家電への取り組みを積極的にアピールしている。例えば、Samsung社が8月30日に催した記者発表では、「eco bubble Technology」と呼ぶ洗濯機向けの洗浄技術を発表した。従来に比べて省エネかつ、細部まで汚れを残すことなく衣類を洗浄できるという。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング