技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Apple対Samsung、争点の特許はこれだ

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2012/08/31 07:00
印刷用ページ


米Apple社と韓国Samsung社の知的財産権侵害に関する訴訟合戦を世界各国で繰り広げている。『日経エレクトロニクス』では、この訴訟を詳しく分析してきた(2011年12月26日号解説2「Apple対Samsung、訴訟合戦の先にあるもの」、2012年5月14日号クローズアップ「AppleとSamsungのスマホ特許訴訟、和解に向けた協議開催で合意」など)。同誌記事のうち「Apple対Samsung、訴訟合戦の先にあるもの」から一部を抜粋、今回の訴訟合戦の経緯と、争点となっている一連の特許を紹介する。


 スマートフォンやタブレット端末における知的財産権の侵害で、米Apple社と韓国Samsung Electronics社が激しい訴訟合戦を繰り広げている。始まりは2011年4月だった。Apple社が米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に、Samsung社がスマートフォン「Galaxy S」やタブレット端末「Galaxy Tab」などでApple社の知的財産権を侵害したとして提訴したのだ。

 訴状には、Samsung社に対する痛烈な批判が並ぶ。例えば「SamsungのGalaxy製品群における、Appleの知的財産権の目に余る(flagrant)容赦のない(relentless)コピーは、Appleの投資からSamsungが利益を得るのを許すことになる。その上、Appleのトレード・ドレスやアイコン商標の強さを希薄化し、Appleがこれまでの製品で培ってきたブランド価値を貶める恐れがある」─といった具合だ注1)。侵害をやめるよう働きかけたが受け入れられないため、訴訟に踏み切るしかなかったとApple社は説明している。


トレード・ドレス=米国の判例で認められている知的財産権。色や形、包装などによる、その製品やブランド独特のイメージのこと。


注1)2011年6月にApple社が提出した修正版の訴状から引用した。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング