• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【IFA 2012】欧州の経済危機を跳ね返し、出展規模は過去最大に

【IFA 2012】欧州の経済危機を跳ね返し、出展規模は過去最大に

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/08/29 21:27
  • 1/1ページ
プレス・デー初日の記者会見の様子
プレス・デー初日の記者会見の様子
[画像のクリックで拡大表示]
総展示面積が過去最大になったことを発表する、Messe Berlin社COOのChristian Goke氏
総展示面積が過去最大になったことを発表する、Messe Berlin社COOのChristian Goke氏
[画像のクリックで拡大表示]
コンシューマ機器市場の地域別占有率では、アジアの新興地域が西ヨーロッパを逆転へ
コンシューマ機器市場の地域別占有率では、アジアの新興地域が西ヨーロッパを逆転へ
[画像のクリックで拡大表示]

 エレクトロニクス機器関連で欧州最大の展示会である「IFA 2012」の開催を前に、2012年8月29日(現地時間)に報道機関を対象とするプレス・デーが開幕した。同展示会を共催するドイツMesse Berlin社とgfu(ドイツ民生通信エレクトロニクス協会)が記者会見を開催し、出展規模などについて発表した。

 記者会見に登壇したMesse Berlin社COOのChristian Goke氏によれば、IFA 2012の総展示面積は14万2200m2と前年比で1.4%増え、過去最大となった。出展社数は1439社と前年(1441社)とほぼ同等。来場者数も前回と同等を見込んでいるという。

 Goke氏は欧州の経済危機に触れ、「不況に見舞われているのは欧州の一部の地域にとどまる。欧州全体では、2012年にGDPが前年比2.4%増加する見通しであり、堅調だ」(Goke氏)と述べた。ただし、コンシューマ機器市場では、アジアの勢いが欧州を上回る。gfuのRainer Hecker氏(Chairman of the Supervisory Board)が記者会見で引用した調査データによれば、コンシューマ機器市場の地域別占有率において、2012年にはアジアの新興地域(前年比2ポイント増の21%)が西ヨーロッパ(前年比2ポイント減の19%)を逆転する見通しである。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ