• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【IFA 2012】「IFA 2012」が8月31日に開幕、クラウドとつながる機器が多数登場へ

【IFA 2012】「IFA 2012」が8月31日に開幕、クラウドとつながる機器が多数登場へ

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2012/08/29 10:00
  • 1/1ページ
ベルリン・テーゲル空港に貼られたIFAの告知
ベルリン・テーゲル空港に貼られたIFAの告知
[クリックすると拡大した画像が開きます]
テーゲル空港でのパナソニックの広告
テーゲル空港でのパナソニックの広告
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Philips社の広告
Philips社の広告
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 エレクトロニクス機器関連で欧州最大の展示会である「IFA 2012」が、ドイツ・ベルリンで2012年8月31日(現地時間)に開幕する。今回で52回目の開催であり、会場は例年と同じメッセ・ベルリン見本市会場。8月29~30日が報道機関向けのプレス・デー、8月31日~9月5日の6日間が一般公開日である。

 主催のドイツMesse Berlin社によれば、昨年の「IFA 2011」は、出展社数や総展示面積、参加者数が共に過去最高を記録した(Tech-On!関連記事)。出展社数は1441社、展示面積は約14万m2、来場者数は約24万人だった。欧州の経済環境にはいまだに不透明感があるが、今回もIFA 2011と同等以上の開催規模を予定している。

 IFA 2012では、クラウド(インターネット)と連携する機器が多数登場する見通し。スマートフォンやタブレット端末、テレビなどの“黒物”に加えて、白物家電のクラウド連携に関する展示も予定されている。この他、機器の省電力技術や、大型の高精細ディスプレイ技術などが注目を集めそうだ。プレス・デー初日の8月29日にはパナソニックやソニー、2日目の8月30日にはシャープや東芝のほか、韓国Samsung Electonics社や韓国LG Electronics社の記者発表が予定されている。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ