家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【分解】スマートメーターを開けてみた:前編

EthernetやLiイオン2次電池を搭載

蓬田宏樹=日経エレクトロニクス
2012/08/20 00:00
印刷用ページ

 電力やガスなどエネルギー関連事業において、通信機能を組み込んで検針値を遠隔監視できる「スマートメーター」への関心が高まっている。エネルギー利用状況の“見える化”や、検針データを使ったコンサルティング・サービス、将来は宅内機器の制御など、さまざまな応用の可能性が期待されているからだ。

 ところで、このスマートメーターは、実際にどのような部品で構成されているのか。また、どんなメーカーが主要部品を供給しているのか─―。スマートフォンなど携帯機器の内部と比較して、メーター内部の状況を確認する機会はあまり無い。そこで、これらの点を明らかにするべく、米国で“スマートメーター”として利用されている機器を入手し、内部を分析してみることにした。

 分析は、機器の分解調査を数多く手掛けるフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズの協力を得て進めた注1)。今回はまず、有線通信機能を備えるスマートメーターを中心に、利用している部品のメーカー名や部材コストなどを解析する。

注1) 今回分析したスマートメーターは、フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズが購入したものである。分析の詳細は、同社の「スマートメーター分解レポート」(2012年5月刊など)に詳しい。

Ethernetの通信機能を備える

 今回内部を分析したのは、米国のメーター関連メーカーであるItron社の「Sentinel SS5S2L」(以下、Sentinel)と、米General Electric社の「KV2」である。いずれも120~480Vに対応した電力量計で、Ethernetもしくは電話線ケーブルによる通信機能を備える(表1)。この他に参考として、通信機能を備えていない、スイスLandis+Gyr社の「AXS4」の内部状況も分析し、表に記載した。

表1 今回分析した電力量計
[画像のクリックで拡大表示]

 これら三つのメーターに共通するのは、いずれも電力量計であるということと、液晶パネルを使って検針データを表示できることである。ただし、通信機能を備える2機種が、内部に3枚の基板を使っているのに対して、通信機能を保有しないAXS4は、1枚の基板に主要部品を集約していた。またAXS4は、部材コストの推定値が最も低い。他の2機種は、通信機能を組み込むことで、部材コストが増加していることが見て取れた。

3枚の基板を活用

 具体的に内部構造を見ていこう。まずSentinelの内部にある基板に実装されているマイクロコントローラ(マイコン)などを分析する。

 Sentinelは他のスマートメーターと同様に、円筒形の形状をしており、一見すると大きめのパイナップル缶のようである。外装のプラスチック・ケースを外し、下部の補強部材を取り除くと、各種の個別部品を実装した基板が2枚、顔を出す(図1)。実際には奥にもう1枚格納されているため、計3枚で構成されている。このうち1枚が、Ethernetなど通信関連処理を扱う基板で、もう一枚が主要なマイコンが実装されている基板である。基板はいずれも樹脂製である。

図1 Itron社のSentinel
外装ケースを外し、下部の補強部材を取り除くと、2枚の基板が見える。この他、見えない箇所にもう1枚基板がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 通信処理を担う基板で最も目立つのが、Ethernetの信号とシリアル信号の変換を行う米Lantronix社の超小型デバイス・サーバー「XPort」だ(図2)。XPortの内部にはシリアル/Ethernetのデータ変換処理やネットワーク制御処理を実行できる回路が組み込まれており、Ethernetケーブルで信号を伝送できる。周辺にあるルネサス エレクトロニクス製のマイコンなどが、通信関連処理を実行しているとみられる。

図2 Ethernetとシリアルを変換
主に通信関連処理部を実装した基板。Ethernetの信号とシリアル信号を変換するLantronix社の「Xport」が目立つ。
[画像のクリックで拡大表示]
【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング