家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【決算】ソニーは営業利益8割減、エレキ事業はモバイル、ゲーム、テレビが赤字に

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/08/03 12:09
印刷用ページ
図1 ソニーの神戸氏
図1 ソニーの神戸氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 決算の概要
図2 決算の概要
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 セグメント別の業績
図3 セグメント別の業績
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーは2012年8月2日、2012年度第1四半期(2012年4~6月)の連結決算を発表した(PDF形式発表資料)。売上高は、英Sony Mobile Communications社が連結対象となったことで、前年同期比1.4%増の1兆5152億円に拡大した。営業利益は同77.2%減の63億円、純損益は246億円の赤字(前年同期は155億円の赤字)だった。モバイル機器部門の収益悪化や為替の影響、構造改革費用として113億円を計上したことが影響した。

 エレクトロニクス事業のセグメント別の業績は以下の通り。デジタル・カメラなどの「イメージング・プロダクツ&ソリューション」(IP&S)は、売上高が前年同期比7.6%増の1938億円、営業利益が前年同期比ほぼ横ばいの126億円となった。「レンズ交換式カメラが好調だったが、コンパクト機の落ち込みを補えなかった」(ソニー 業務執行役員 SVP 広報・CSR担当の神戸司郎氏)とする。

 「ゲーム」は、売上高が前年同期比14.5%減少の1180 億円、営業損益が前年同期の41億円の黒字から35億円の赤字に転落した。2011年12月に発売した携帯型ゲーム機「PlayStation Vita」(PS Vita)が好調だったが、「プレイステーション・ポータブル」や「プレイステーション3」のゲーム機本体とゲーム・ソフトが不振だった。ゲーム機の販売台数は、据え置き型が280万台、携帯型が140万台である。

 スマートフォンやパソコンなどの「モバイル・プロダクツ&コミュニケーション」(MP&C)は、Sony Mobile社が連結対象となったことで、売上高が前年同期比132.9%増加の2856億円に拡大した。一方、営業損益は、前年同期の16億円の黒字から281億円の赤字となった。パソコンの減収やSony Mobile社の子会社化に伴う費用の計上が響いた。主要製品の販売台数は、スマートフォンが740万台、パソコンが180万台である。タブレット端末の販売台数は明らかにされなかった。

 薄型テレビなどの「ホームエンタテインメント&サウンド」(HE&S)は、売上高は前年同期比26.2%減の2518億円、営業損失は前年同期に比べ36億円縮小し100億円となった。日本と北米、欧州で、液晶テレビの販売台数が減少したとする。液晶テレビの販売台数は360万台。「数量ではなく収益を重視しており、改善に向かっている」(ソニー)という。

 「デバイス」の売上高は、前年同期比14.4%減少の2173億円。CMOSイメージ・センサが好調だったが、中小型ディスプレイ事業の売却などで減収となった。営業利益は、同3倍の159億円だった。

 2012年度通期における業績見通しの下方修正も、併せて発表された。売上高は、2012年5月時点の前回見通しから6000億円減の6兆8000億円とした。営業損益は同500億円減の1300億円、純利益は同100億円減の200億円を見込む。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング